ロボット×AI
-Internet of Things-

励ましてくれる癒しロボット

IoT実証実験 飴ちゃんシステム~大阪のおばちゃんver.

概要

IoT(Internet of Things)により、あらゆるモノがインターネットに繋がる時代が訪れようとしています。
センサーデバイスにとどまらず、人や抽象概念までもがインターネットに繋がり、収集されたビッグデータを活用することで、新たな概念のビジネスが生まれます。
IoTではセンサーデバイスに注目されがちですが、インターネットのあり方やビジネスモデルの再構築こそが、IoT事業の本質であると考えています。
弊社ではアジャイル開発で培った経験を基に、IoT自社サービスの開発を進めるとともに、お客様のビジネスに合わせた、IoTビジネスの提案から開発も行っています。実際に行った実証実験の事例を以下に掲載しています。

人を元気にするIoT


ラズパイコンテスト

この「飴ちゃんシステム~大阪のおばちゃんver.」は、ラズパイマガジン/日経Linux/日経ソフトウエアが開催した、
「みんなのラズパイコンテスト2019」にも参加しました。

優良賞受賞

特徴

声から感情を判定
ラズベリーパイ(以下ラズパイ)というデバイスを用いて声から感情を判定し、怒りや悲しみなど負の感情が大きいと判断された場合は、おばちゃんが励ましながら飴をくれます。
負の感情でないと判断された場合、飴はもらえませんが、何か話しかけてくれます。

感情によってセリフ・飴の種類が変わる

負の感情の種類によって、最適な味の飴をおばちゃんが渡してくれます。また、感情によっておばちゃんが話すセリフも変わります。

どうやって感情によって違う種類の飴を出すの?

仕組み

おばちゃんの頭の中は無限大!!
頭の中にステッピングモータがあり、ラズパイでそれを制御することで飴を出し分けます。
この仕組みにより、感情によって違う種類の飴を出すことを可能にしました。

ご要望・お問い合わせ

IoTには、人々を幸せにする可能性が秘められています。本システムやIoTに関するご質問、ご要望等ございましたら、下記お問い合わせフォームより何でもお気軽にお問合せください。